HOME > 20160718 世良美術館 > 20160718 世良美術館


サロンで聴くバロック音楽 vol.4

『夜明けに微笑むあの花を』
バロックヴァイオリン、歌とチェンバロによる夏のコンサート

 

2016年7月18日(月祝)世良美術館

 <0歳からのバロック!>
11:30開演(11:00開場)
大人1000
こども(0歳〜小学生)500
お茶菓子つき
30分程度のコンサートです。ベビーカーのままでもOK!
みんなで楽しく元気に聴いてみましょう。40名限定。要予約。

<一般公演>
14:30開演(14:00開場)
大人3000
お茶菓子つき
 

バロックヴァイオリン 大内山薫
歌 鈴木美紀子
チェンバロ 三橋桜子

<お問い合わせ>
世良美術館
TEL078-822-6456
FAX078-843-4834

658-0047 兵庫県神戸市東灘区御影2-5-21
(月・ 火は休館日)

<アクセス>

阪急『御影』駅より徒歩3分 JR『住吉』駅より徒歩15

 終了しました
 
海の日の世良美術館に美しいバロック音楽が豊かに響きます!
今回で四回目となる『サロンで聴くバロック音楽』は、ヴァイオリン、歌、チェンバロによるコンサートです。
17世紀にイギリスの地で活躍した作曲家による様々な音楽、そしてもっと古い民謡を古楽のスペシャリストの歌手の方に歌っていただきます。お楽しみに!後半では18世紀フランスのオペラからアリアや劇的な器楽曲を取り上げます。フランスオペラの巨匠ラモーが作曲した『キラキラ星』原曲のシャンソンはどのような響きなのでしょうか!
 
大理石の床に響くチェンバロの音色、羊の腸のガット弦による伸びやかな旋律、そして美しい言葉を歌声にのせて、、、感情豊かでチャーミングなバロック音楽をお楽しみください。
 
また、午前の公演では『0歳からのバロック音楽!』とし、一般公演から抜粋した30分の短めのコンサート(休憩なし)を行います。
間近で奏でられる古楽器と歌による生き生きとしたアンサンブルと息づかいを0歳からのお子さまと一緒にお楽しみいただけます。どうぞお気軽にいらしてください!各公演にはお茶菓子のご用意があります。

<曲目>
George Frideric Handel(1685-1759).......Quel fior che allalba ride
ヘンデル 『夜明けに微笑むあの花を』 HWV192
 
Henry Purcell(1659-1695)........Sonata Z780
パーセル ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ト短調
                 ...........O let me weep(The Plaint)
     私を泣かせてください セミオペラ『妖精の女王』より
 
Thomas Baltzar(1631?-1663).....Prelude John,come kiss me now
バルツァー   プレリュード・『ジョン、来て、キスして』によるディヴィジョン 
 
England Ballad (16c)....Greensleeves
イギリス民謡   グリーンスリーブス
 
Nicola Matteis(c.1650-c.1700).........Sonata
                 ..........Diverse bizzarrie Sopra la Vecchia Sarabanda ò pur Ciaccona
マッティス    ソナタとチャッコーナ   
 
Jean-Philippe Rameau(1683-1764)......Ah!vous dirai-je maman!
                         ああ!ママに言うわ!
                                    Rossignols amoureux
                         恋するうぐいす オペラ『イポリトとアリシ』より
 
Jean-Marie Leclair(1696-1764).............Sonata
                             ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ第10